ComicBook.comより

先月、ルビー・ローズがCWのドラマ「バットウーマン」を降板し、ケイト・ケイン/バットウーマンの役を再キャストすることが発表された。 そして今週の初めには、主役をケイト・ケインから離れ、バットウーマンを引き継ぐ新しいキャラクターを登場させることとなった。シリーズのショーランナーであるキャロライン・ドリースがその理由を説明している。

ATXテレビフェスティバルで、ドリースはローズのケイト・ケインのリキャストを検討し、シーズン2のエピソードはすでに書かれていたが、エグゼクティブプロデューサーのグレッグ・バーランティは、彼女が新しい方向性のキャラクターで行くためにキャスティングコールをかけるのを助けたと説明した。

ドリースは「私たちはすでにいくつかのエピソードが書かれていたため、正直に言うと、私はドラマのバージョンを自分勝手に検討し、移行の観点ではそれはシームレスになるだろうと思っていたから。しかし、グレッグは私がこのキャスティングコールをするのを手伝ってくれたし、彼はこの種のことについては私よりもずっと賢くて、『バットウーマン』を別のキャラクターとしてリブートするという意味では、『するべきだと思う』と言ってくれた。 ルビー(ローズ)がケイト・ケインのキャラクターに込めた思いを尊重して。」と言及している。

ドラマ「バットウーマン」シーズン2は2021年1月より米放送予定。

created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥2,860 (2021/12/02 21:36:06時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す