ComicBook.comより

パニッシャーのドクロのロゴは、法執行機関や軍のメンバーが長年にわたって使用してきた。 制服や乗り物、アクセサリー、さらには個人宅だけでなく、オフィスに飾られているアートにも使われている。 最近では、ロゴは人種差別や警察の残虐性に反対する抗議デモで、デモ隊に立ち向かう警察官にも多々使用されており、パニッシャーの作成者であるジェリー・コンウェイは正義の象徴ではなく、残虐性の象徴としてパニッシャーのドクロを取り戻そうとしている。

Twitterでコンウェイはドクロのロゴを取り戻そうとするBlack Lives Matterの資金調達プロジェクトに参加するために、有色人種の漫画家を募集していることを投稿した 。彼は長い間、フランク・キャッスル/パニッシャーの動機が彼らの責任とは反対に位置するため、奉仕する人々によって使用されるべきではないと言ってきた。

コンウェイは「はっきりさせておきますが、この小さなプロジェクトは、自分の時間と努力に貢献したい人なら誰にでも開かれています。 これは有料のギグではなく、BLMを支援するための資金調達を目的としています。 様々なスタイルと芸術的アプローチを持つ複数のアーティストを使いたいと思っています。 パニッシャーのシンボルが正義のシンボルになり得るかどうかという議論については、未解決の問題であることには同意します。 抑圧の象徴であってはならないものです。 BLMのためだと主張して、警察のシンボルの使用を否定したい。それを皮肉と呼んでください。 結果が自分自身のためになることを願っています。」とコメントしている。

コンウェイは以前から、警察と軍がロゴを共同利用することについての考えを率直に語ってきた。 2019年には、それを「不穏なもの」と捉え、警察と軍が凶悪犯罪者である「パニッシャー」というキャラクターを根本的に誤解していると発言している。

created by Rinker
¥275 (2021/12/06 15:58:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,210 (2021/12/07 08:10:21時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す