CBRより

今年のフリー・コミックブック・デイは、新型コロナウイルスのパンデミックのために中止になったかもしれない。しかし、マーベルは7月にも予定されている「X-MEN」と「スパイダーマン/ヴェノム」のタイトルを読者に提供すると発表。

マーベルの公式プレスリリースは以下の通り。

今年の7月、読者の皆様には、マーベルの最もエキサイティングな新作タイトルのいくつかを、参加するコミックショップにて無料でお楽しみいただけます。5月のフリー・コミックブック・デイの一環として配布予定だったマーベル作品は、今後開催されるマーベル最大のイベントの一部をファンの皆様にいち早くご覧いただけるよう、今までにない2つのタイトルをリリースすることになりました。各号には、X-MENやスパイダーマンなど、マーベルで最も評価の高いクリエイターによる、2つの特別なストーリーが収録されています。

7月15日の「フリー・コミックブック・デイ2020:X-MEN」では、ジョナサン・ヒックマンとペペ・ララスによるX-MENの新作ストーリーが登場し、ゲームを変える「X・オブ・ソーズ」のクロスオーバーにつながる。2つ目の作品は、トム・テイラーとイバン・コエロによる壮大な物語を予感させるものとなっています。

そして7月22日には「フリー・コミックブック・デイ2020:スパイダーマン/ヴェノム」では、トップ・クリエイターのドニー・ケイツ、ライアン・ステグマン、ジェド・マッケイ、パトリック・グリーソンらによる「ヴェノム」、「アメイジング・スパイダーマン」、「ブラックキャット」の主要なストーリーにつながる2つのエキサイティングなストーリーをお届けします。

マーベルの「バック・イン・アクション」プログラムの一環として、これらのタイトルの受け取り方法についての詳細は、今週中に小売店で発表される予定です。

お気に入りのコミックショップでこれらの新タイトルを受け取る前に、そのショップの現在のビジネスポリシーを確認して、社会的距離や、プルリストの保持や作成、店頭での受け取り、特別配送やその他のオプションなどのサービスを提供している可能性があるかどうかを確認しておくことをお勧めします。http://comicshoplocator.com または http://marvel.com/lovecomicshops から、お近くのコミックショップを見つけてサポートしてください。

created by Rinker
Marvel
¥12,443 (2021/12/06 19:22:30時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す