Newsaramaより

DCはヤングアダルト向け小説「ブラック・キャナリー:ブレキング・サイレンス」を発表した。DCアイコンズシリーズの一部となり、アレクサンドラ・モニールによって書かれる。女性の権利が失われたゴッサムシティで糸を引く梟の法廷に挑むダイナ・ランスを追う。

販売代理店のペンギン・ランダム・ハウスの概要は以下の通り。

ブラック・キャナリーのこのスリリングなオリジンストーリーでは、ダイナ・ランスの声が彼女の武器となっている。女性に権利がない近未来の世界で、彼女は自分の歌を含めて持つものすべてを使って反撃することに躊躇しない。

ダイナ・ランスは7歳の時、ありえない少女の歌声を耳にした。それは、彼女が生きている間には決して聞くことができないもので、悪質で家父長制的な梟の法廷に支配されているゴッサムシティでも聞くことのできないものだった。この不吉な組織はゴッサムシティを独裁者のように支配しており、女性の働く権利、音楽を作る権利、学ぶ権利、自由になる権利など、すべてを奪っている。

17歳になったダイナは、その心に響く音を忘れることができず、自分の声も同じようにパワフルであることに気付き始めていた。しかし、歌うことは禁じられており、それはある種の死刑宣告への一方通行の道だった。彼女の安全を守るという父親の願い、謎の新入生オリバー・クイーンとの間に開花したロマンス、そして他の女性や少女たちが立ち上がるのを助けたいという彼女自身の必要性とのバランスを取りながら、ダイナはついに自分の歌が聴こえるのか疑問を抱く。そして、彼女の歌声は、梟の法廷を完全に破壊するのに十分な力を持っているのだろうか?

created by Rinker
¥1,660 (2022/11/28 03:49:45時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,528 (2022/11/28 03:49:45時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す