CBRより

ライターのブライアン・マイケル・ベンディスは、DCの「スーパーマン」シリーズでの彼の活動が終わりに近づいていることを確認した。

ベンディスは先日、デイビット・ハーパーのポッドキャスト「Off Panel」にゲストとして出演し、多作に渡るキャリアについて語った。ポッドキャストの終わり近く、ベンディスはスーパーマンでの彼の時間がどのように終わりを迎えようとしているかを明らかにした。ベンディスは「私はスーパーマンでの仕事の終わりに向かっている。それでより多くの反省をし・・・スーパーマンで死にかけた経験を癒し、パンデミックを乗り切ったことに感謝している。」とコメントした。

「スーパーマン」と「アクション・コミックス」のライターであるベンディスは、マーベル・コミックで10年以上を過ごした後、2017年末近くにDCに入社した。ベンディスはDCで「マン・オブ・スティール」のミニシリーズからスタートした後、「アクション・コミックス」と「スーパーマン」を再スタートさせた。また、「ナオミ」を共同執筆したことでも知られ、「ヤング・ジャスティス」シリーズを復活させた。

created by Rinker
¥1,822 (2020/12/02 12:41:11時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,987 (2020/12/02 12:41:11時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す