CBRより

マーベル・シネマティック・ユニバースは今後のディズニープラスシリーズで登場するために、ネイティブアメリカン、ファースト・ネーション、先住民、ラテンアメリカ系の耳の聞こえない女性俳優のキャスティングを募集している。

ダニエル・リヒトマンによると、キャラクターの名前はマリアで、彼女は「自立していて、運動神経がよく、明るい」20代の女性と表現されている。このキャラクターは秋に撮影するMCUシリーズに登場することが決まっている。 キャラクターのファーストネームのみが確認されているが、リヒトマンはマリアがエコーだと考えている。

秋からの撮影となると「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」、「ワンダヴィジョン」、「ロキ」などのシリーズは制作終了間近か撮影中のため、除外されている。 可能性としては「ホークアイ」、「ムーンナイト」、「シーハルク」、「ミズ・マーベル」が残っている。 これら4つのショーのうち、「ムーンナイト」だけが撮影開始日を持っており、今年の11月16日に開始する予定。

デヴィッド・マックとジョー・カザーダによって作成されたマヤ・ロペス/エコーは、1999年の「デアデビル」#9で初登場した。 コミックに登場する数少ないネイティブアメリカンで、耳の聞こえないキャラクターであり、彼女はヴィランのタスクマスターに似た他人の動きをコピーする能力を持っている。

created by Rinker
¥3,190 (2022/11/30 23:00:42時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す