CBRより

1989年「バットマン」で主演を務めたマイケル・キートンが再びバットマンを演じるために交渉中だという。

The Hollywood Reporterによると、キートンはワーナー・ブラザースと交渉中で、「フラッシュポイント」のストーリーを映画化する「ザ・フラッシュ」での再演を希望しているという。 もしキートンが取引に応じれば、DCエクステンデッド・ユニバースでニック・フューリーのような役を演じる可能性がある。

ワーナー・ブラザースはTHRの報道についてコメントを拒否した。 このキートンのキャスティングのニュースと、ロバート・パティンソンが主演するマット・リーブスの「ザ・バットマン」との間にどのような関連性があるのかは不明。 しかし、もし「ザ・フラッシュ」が「フラッシュポイント」のコミックに固執するならば、マルチユニバースや代替タイムラインの可能性があり、バットマンは他のDCEU映画とは独立して存在する可能性があることを意味している。

キートンは、ティム・バートンによる2つの「バットマン」映画に登場し、新しいフランチャイズを立ち上げた1989年の映画「バットマン」、およびその続編「バットマン リターンズ」に出演した。 彼は「バットマン フォーエヴァー」以降は出演せず、ほぼ30年役割に戻ってきていない。

映画「ザ・フラッシュ」は2022年6月3日より米公開予定。

created by Rinker
¥299 (2022/07/04 17:14:47時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥400 (2022/07/04 18:36:36時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す