CBRより

大人気ゲーム「バットマン:アーカム」3部作の開発元であるロックステディ・スタジオが、タスクフォースX、通称スーサイド・スクワッドを中心とした新しいビデオゲームを開発していると報じられている。

Eurogamerによると、ドメイン名「SuicideSquadGame.com」と「SuicideSquadKillTheJusticeLeague.com」はいずれもワーナー・ブラザース傘下の会社に登録されていると主張している。さらにドメイン名「GothamKnightsGame.com」も同じ会社に登録されており、かねてから噂されていたアーカムの新作ゲームであると考えられている。なお、この2つのプロジェクトは8月に開催されるDCのバーチャルイベント「DCファンドーム」で発表されると予想されている。

スーサイド・スクワッドのビデオゲームは2010年のコミコン・インターナショナルで初めて発表された。当時、ワーナー・ブラザース・インタラクティブ・エンターテイメントのプロジェクトは、DCチーフ・クリエイティブ・オフィサーであったジェフ・ジョンズによって「ハードコア・バイオレンス」と表現されていた。しかし、ゲームの存在感は薄れ、「アーカム・シティ」や「アーカム・ナイト」の影に埋もれてしまった。

created by Rinker
¥299 (2020/08/06 14:23:21時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
¥1,979 (2020/08/07 12:20:09時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す