CBRより

1980年代を振り返ってみると、映画「タイタニック」のジェームズ・キャメロン監督がスパイダーマン映画の脚本・監督を請け負い、その映画が実際に日の目を見ることはなかったが、その詳細な要約はサム・ライミ監督のスパイダーマンに大きな影響を与えた。

スパイダーマンの脚本家であるデヴィッド・コープはIGNとのインタビューで、キャメロンの要約を高く評価し、それが彼の脚本にどのような影響を与えたかについて語っている。コープは「しかし、彼の扱いは、それを真面目に受け止めていた。ピーターをキャラクターとして真剣に、スーパーヒーロー映画をジャンルとして真剣に扱っていた。今まで見たことのないような作品だった。」と語っている。

コープは映画で使われたオーガニックのウェブについて、「彼は非常に良いアイデアを持っていた。私はオーガニックなウェブシューターが好きで、好きな人もいればそうでない人もいたが、それは彼のアイデアであり、私は喜んで使った。」とコメントしている。2002年に公開されたライミの「スパイダーマン」では、ピーター・パーカーは一般的な機械のウェブシューターを使用せず、オーガニックなウェブの設定で、やや物議を醸していた。

ソニー・ピクチャーズの「スパイダーマン」は、2002年に公開後、2004年と2007年にそれぞれ2つの続編を公開した。4作目が計画されていたが、最終的には製作には至らず、2012年の「アメイジング・スパイダーマン」で映画はリブートされた。

created by Rinker
¥4,145 (2022/11/29 16:55:39時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す