2020年7月に発売されるアメコミの翻訳本を紹介。

07月16日

ジャスティス・リーグ:偽りの帝国

新生ジャスティス・リーグの物語第3弾!

前作『ジャスティス・リーグ:神々の墓所』に続く、新生ジャスティス・リーグの物語第3弾。銀河より飛来したエネルギー源「総和体(トータリティ)」の謎を探るべく、ホークガール、マーシャン・マンハンター、グリーンランタンはホークガールの故郷、惑星サナガーに降り立った。皇后シャイアラ・ホルの協力のもと調査を進めるうちに、彼らは惑星サナガーに隠された宇宙を揺るがす秘密に直面する。さらに、対立するヴィラン連合リージョン・オブ・ドゥームにも新たな動きが……! 新生ジャスティス・リーグはこの困難にどう立ち向かうのか!?

小学館集英社プロダクションより

created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥2,860 (2020/07/15 17:37:33時点 Amazon調べ-詳細)

07月23日

ワンダーウーマン:戦禍を呼ぶ者

王女ダイアナと少女アリアの“ウォーブリンガー”をめぐる戦い!

「GN COLLECTION」シリーズ第2弾。
アマゾン族の王女ダイアナはある日、海上で爆発を起こした船を発見し、ひとりの少女を救い出す。彼女の名前はアリア。運命的なふたりの出会いは、争いを引き起こす“ウォーブリンガー”をめぐる戦いに発展する。アマゾンの仲間に認められたい王女ダイアナと、過保護な兄から逃れたい少女アリア。彼女たちを待ち受ける運命とは?

◆収録作品◆
『ワンダーウーマン:ウォーブリンガー』

小学館集英社プロダクションより

created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥2,420 (2020/07/15 10:14:16時点 Amazon調べ-詳細)

07月30日

ワスプ 1

『グウェンプール』のグリヒルが描く 理系女子ヒーローコミック!
天才科学者ハンク・ピムの娘であるナディア・ヴァン・ダイン。新たなワスプとなった彼女は、様々な分野から卓越した女性科学者を集め、先進の研究機関「G.I.R.L.」を設立、初代ワスプである養母のジャネットの協力を得て、亡き父の遺志である科学による世界貢献に立ち上がった。若き天才達は抜群のチームワークで悪の秘密結社「A.I.M.」を圧倒するが、天才は悪の側にもいたのである……。

日本版オリジナルカバーと本編アートは、数々のマーベルキャラクターグッズや『グウェンプール』で知られるグリヒルが担当!

◆◆日本版オリジナルカバーイラスト:グリヒル

【収録】Unstoppable Wasp v2 #1-5(2018)

小学館集英社プロダクションより

created by Rinker
ヴィレッジブックス
¥2,640 (2020/07/15 17:37:33時点 Amazon調べ-詳細)

マーベルスーパーヒーローズ:シークレット・ウォーズ 1

マーベルコミックス史上初となるクロスオーバー大作!
ニューヨーク市民の憩いの場「セントラル・パーク」に突如、巨大な建造物が出現した。スパイダーマン以下、アベンジャーズ、X-MEN、ファンタスティック・フォーらが調査に向かうが、建物に足を踏み入れた途端、姿を消してしまう。

次の瞬間、彼らは彼方の地にいた。ヴィランの群れを目の前にした彼らに声がとどろく…「我は彼方《ビヨンド》より来たり!」。

マーベルの人気タイトルを横断し、かつてない成功を収めた同社初のクロスオーバータイトル。35年の時を経て、ついに邦訳!

全2巻(第2巻:8月28日発売予定)

【収録】MARVEL SUPER HEROES SECRET WARS(1984) #1-5.

小学館集英社プロダクションより

created by Rinker
ヴィレッジブックス
¥2,860 (2020/07/15 17:37:34時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す