CBRより

2017年に公開された映画「ジャスティス・リーグ」でサイボーグ/ビクター・ストーンを演じたレイ・フィッシャーが、同作でザック・スナイダーの後任であるジョス・ウェドンへの以前の称賛の言葉を公式に撤回した。

フィッシャーは2017年のコミコン・インターナショナルに出演した時の動画を投稿し、フィッシャーは「ジョスは素晴らしい人で、ザックは彼が残したものを仕上げるために良い人を選んだ。」と語っていた。フィッシャーはこの動画と共に「この発言を強引にすべて撤回するため、この場を借りたいと思う。」とコメントしている。

スナイダーが辞任し、ウェドンが引き継いだ後、サイボーグを中心としたより大きなストーリーラインの削除など、「ジャスティス・リーグ」に大きな変更がいくつも加えられた。スナイダーは、ビクター・ストーンが出演する追加シーンの写真を多数公開している。

ザック・スナイダー版「ジャスティス・リーグ」は2021年にHBO Maxで独占公開される。

created by Rinker
¥299 (2020/07/14 22:39:29時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2020/07/14 18:53:26時点 Amazon調べ-詳細)

One thought on “映画『ジャスティス・リーグ』で『サイボーグ』を演じたレイ・フィッシャーはジョス・ウェドンへの以前の称賛を撤回”

コメントを残す