CBRより

Disney+(ディズニープラス)はバーチャルイベント、コミコン@ホームでのパネルを発表した。含まれる作品の中にはマーベルのドキュメンタリーシリーズ「Marvel’s 616」があり、このシリーズは「マーベル・ユニバースの物語とは切っても切れない関係になっている、豊かな歴史的、文化的、社会的な文脈に飛び込む。」と説明されている。

パネルの概要は以下の通り。

Disney+の「Marvel’s 616」の内部

太平洋標準時7月23日(木)午後1時(日本時間7月24日午前5時)

「Marvel’s 616」は、マーベルの豊かな遺産であるストーリー、キャラクター、クリエイターが、「窓の外の世界」にどのように存在しているのかを探る。それぞれのドキュメンタリーは、ユニークな映画監督が監督を務め、マーベル・ユニバースの中でのストーリーテリング、ポップカルチャー、ファンダムの交錯を探る。監督のギリアン・ジェイコブス、ポール・シェア、エグゼクティブ・プロデューサーのサラ・エイモス、ジェイソン・スターマンと共に、司会のアンジェリック・ロシェを交えて、このDisney+オリジナル・アンソロジー・シリーズの制作について語り合おう。

Disney+の「フィニアスとファーブ・ザ・ムービー:キャンディス・アゲインスト・ザ・ユニバース」

太平洋標準時7月25日(土)午後12時(日本時間7月26日午前4時)

クリエイター&エグゼクティブプロデューサーのダン・ポベンマイヤーとジェフ・“スワンピー”・マーシュ、監督のボブ・ボウウェン、主演のアシュレイ・ティスデイル、ヴィンセント・マーテラ、モーリク・パンチョリー、ディー・ブラッドリー・ベイカーが、Disney+の新作「フィニアスとファーブ・ザ・ムービー:キャンディス・アゲインスト・ザ・ユニバース」を独占情報を共有し、このアニメシリーズの起源について語る。

コミコン@ホームは7月22〜26日にてオンライン開催。

created by Rinker
Marvel
¥3,080 (2020/08/09 08:38:06時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Marvel
¥3,543 (2020/08/10 07:27:31時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す