CBRより

新たな噂によると、ワーナー・ブラザースが「ジャスティス・リーグ:リバース」と題した映画でジャスティス・リーグのリブートを計画しているようだ。

DCEU Mythicによると、この映画は2017年の「ジャスティス・リーグ」やザック・スナイダー版「ジャスティス・リーグ」とは関係なく、実写映画になるという。何を中心としたストーリーになるのか、誰が登場するのかは明かされておらず、誰がプロジェクトをリードするのかも不明。

コミックのファンにとって「リバース」という名前は、フラッシュやグリーン・ランタンとの関連性を超えて特別な意味を持っている。2016年にDCは「DCユニバース:リバース・スペシャル」#1を発売し、全ラインを一新した。出版社が以前に販売ライン全体でリブートした「New 52」を事実上覆し、読者に欠けていたレガシーと関係性という核心的なコンセプトを取り入れたものだった。それはまた、DCユニバース/ウォッチメンのクロスオーバー「ドゥームズデイ・クロック」と今後の「バットマン:スリー・ジョーカーズ」のようなイベント風のミニシリーズのための舞台を設定した。

ザック・スナイダー版「ジャスティス・リーグ」は、HBO Maxで2021年初頭から中旬に独占公開される予定。

created by Rinker
¥299 (2020/08/10 01:16:29時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2020/08/10 00:15:53時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す