Comicbook.comより

サンディエゴ・コミコンは新型コロナウイルスの影響で、今年の開催を見送ることとなったが、代わりにバーチャルでのイベント「コミコン@ホーム」を開催する。300以上のパネルが正式に発表される直前になって、マーベル・スタジオはこのイベントを見送ることになり、当然のことながらワーナー・ブラザースもバーチャルイベント「DCファンドーム」のために、DCコミックス映画の発表は執り行わないという。

Deadlineは「マーベルは傍観していると聞いているが、ワーナー・ブラザースのDC側は8月に独自のバーチャルコンを行うために商品を保持すると聞いている。」と報じている。

マーベル・スタジオはリリース日をいくつかずらすことを発表して以来、数ヶ月間沈黙している。パンデミックの影響で多くの作品の撮影が停止状態となり、Disney+(ディズニープラス)シリーズに関しても正式に配信日を発表していない。

コミコン@ホームは7月22〜26日にてオンライン開催。

created by Rinker
¥299 (2022/01/21 23:15:25時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2022/01/22 08:25:22時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す