CBRより

マーベル・シネマティック・ユニバースでファルコンを演じてきたアンソニー・マッキーは最近、マーベル・スタジオの多様性の欠如について議論したが、映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」の監督であるアンソニーとジョー・ルッソはこの評価に同意した。

マッキーはマーベル映画のスタッフがいかに多様性に欠けているかについて言及し、ジョー・ルッソ監督は「このビジネスでは常に、あらゆる業界のあらゆる面で、多様性を高めることができると思うが、彼は全く間違っていない。」と答えた。 彼はマーベル映画のキャストとクルーの多様化について、もっと努力する必要があると付け加えた。

アンソニー・ルッソはその後、マッキーを称賛し、自身とジョーの両方に敬意を表し、「彼は素晴らしい俳優であるだけでなく、素晴らしい人だ。私たちは彼とのコラボレーションを愛してきた。」と述べている。

ジョーとアンソニー・ルッソは2014年の映画「キャプテン・アメリカ/ザ・ウィンター・ソルジャー」、2016年の「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」、2018年の「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」、2019年の「アベンジャーズ/エンドゲーム」を監督した。 マッキーはディズニープラスで予定のTVシリーズ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」でファルコン役を再演することが決まっている。

created by Rinker
¥299 (2021/12/06 15:09:26時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2021/12/06 22:52:38時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す