Newsaramaより

ワーナー・ブラザースの映画「ワンダーウーマン 1984」は、現在進行中の新型コロナウイルスの影響のため、予定している2020年10月の公開日を維持するかどうかは不明だが、DCは映画とタイアップした前日譚コミック「ワンダーウーマン 1984」#1を9月に発売することを発表した。9月20日よりウォルマートで9日間独占販売され、9月29日よりコミックストア及びデジタル配信が開始される。

「ワンダーウーマン 1984」#1の最初の物語は、映画のアソシエイトプロデューサーのアンナ・オブロプタとルイーズ・サイモンソンが共同執筆し、ブレット・ブレビンスがアートを担当し映画と直接のタイアップとなる。

「失敗した強盗の試みがスミソニアン自然史博物館で人質事件を引き起こすと、ダイアナ・プリンスはワンダーウーマンがその日を救うために、10代のツアーグループを残すことを余儀なくされている!彼女は10人のガンマンを正義の裁きにかけ、時間内にツアーグループに戻ることができるのだろうか?」

第2のストーリーでは、ライターのスティーブ・ピューとアーティストのマルグリート・ソヴァージュによる80年代のフラッシュバックを描く。

「80年代は『欲はいいものだ、全てを持っているなら特に!』無謀な黒幕がワンダーウーマンの黄金の真実の投げ縄を盗むことによって究極の力の動きを作り、最悪の事態が起こる前にそれを取り戻すのはダイアナとスティーブ・トレバーにかかっている!」

「ワンダーウーマン 1984」#1は9月29日よりコミックショップ及びデジタル配信予定。

created by Rinker
¥299 (2021/12/06 10:58:31時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥2,420 (2021/12/06 10:28:29時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す