CBRより

映画「ジャスティス・リーグ」の監督であるザック・スナイダーが、ジャスティス・コンのパネルで自身のカットについて語る時間を取った。 2017年に公開された劇場版は、スナイダーが製作から離れることになった際にジョス・ウェドンによって完成されたが、スナイダー版「ジャスティス・リーグ」ではウェドンによるカットは使われないことを確認した。

スナイダーは今後のプロジェクトについてのいくつかの潜在的な誤解について質問された。 スナイダーは「(一部のファンは)ウェドンのシーンを使うと主張していますが、それは違いますよね?」との質問に対し、「私が映画を辞めた後に作られたショットを使うなんて、地球上ではありえないだろう。私が撮影していないものを1コマも使う前に、私は映画を破壊して、燃やしてしまうだろう。」と述べている。彼は完全なクリエイティブ・コントロールが保証されていなければ、このプロジェクトには何もしないことを強調した。

またスナイダーは「この映画を見て他の劇場版の映画を思い出すようなことがあれば、それは私がやっていたことなのに、今は借り物になってしまっているからだろう。」と述べている。

ザック・スナイダー版「ジャスティス・リーグ」は、HBO Maxで2021年初頭から中旬に独占公開される予定。

created by Rinker
¥400 (2021/12/07 05:38:05時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2021/12/06 20:52:48時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す