Comicbook.comより

DCはアニメ「バットマン:デス・イン・ザ・ファミリー」のトレーラーを公開し、1980年代のバットマンのストーリーをアニメ化した。またアニメでは視聴者にジェイソン・トッドが生きるか死ぬかの選択を委ね、複数に分岐するストーリーを提供する。

このインタラクティブな要素は、1980年代のコミックでも行われたファンからの投票キャンペーンを呼び起こしている。DCはファンによるジェイソンが生きるか死ぬかの投票を行い、わずかに「死ぬ」が上回りジェイソンは死亡した。ジェイソン・トッドの死は暴力的なヴィジランテ「レッドフード」として復活するに至った。

アニメ「バットマン:デス・イン・ザ・ファミリー」は2020年秋より米国で発売予定。

created by Rinker
DC Comics
¥3,006 (2022/01/28 11:07:58時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Insight Editions
¥3,071 (2022/01/28 11:07:59時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す