CBRより

DCから今後発売予定の「ロールシャッハ」シリーズで、ライターを務めるトム・キングは、シリーズのヴァリアントカバーを手掛けるジェイ・リーが、過去にコミックスゲートの仕事に関与していたことで非難し、その自身の行動について謝罪を発表した。

キングはTwitterにおいて、「私が個人的に行った数日前の行動をジェイ・リーに対して公に謝罪します。彼のキャリアを危険にさらすようなツイートをする前に、ジェイ・リーと話すべきでした。私は重大なミスを犯してしまい、深く反省しています。ジェイと一緒に修復できることをして、今後はもっと良くしていきたいと思います。 説明は言い訳にしか聞こえず、許しや理解を求めているわけでもないためしません。 ただ、自分のしたことは分かったと言いたいだけで、それを取り戻せるように努力します。ありがとう。私は自分の行動を隠していないことを示すために、この時点までツイートを保管していました。これから削除します。」と述べている。

トム・キングはTwitterで「ヘイトグループのコミックスゲートのカバーを描いたジェイ・リー」が、「ロールシャッハ」のヴァリアントカバーを担当することに失望したと投稿。数時間後にキングはリーと話して、リーがコミックスゲートの存在を知らなかったことを説明し、全員にとって最善の結果となったと報告した。

しかし、リーはInstagramにてこの騒動に対しての声明を発表し、妻との大事な時間が失われたことを説明した。キングのツイートに対して「私たちは『すべてが良い』わけではない」と記載していた。

「ロールシャッハ」#1は10月13日より発売予定。

created by Rinker
¥2,530 (2020/08/07 12:31:19時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,740 (2020/08/07 12:28:41時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す