CBRより

FOXによる2006年の映画「X-MEN:ファイナル ディシジョン」は、多種多様なミュータントが含まれているが、主にウルヴァリン、ジーン・グレイ、マグニート、エグゼビア教授といった一握りのミュータントが中心だった。ジャガーノートを演じた俳優のヴィニー・ジョーンズによると、彼はもともとブレット・ラトナー監督によって大きな役割を約束されていたが、最終的には脇役に追いやられてしまったという。

ジョーンズはComicBookMovieに、彼はもともとマシュー・ヴォーンと脚本のためにこの役を引き受けていたと語った。「3本契約したんだけど、どれだけ本気だったかがわかるだろう。僕が契約したのと同じジャガーノートではなかった。彼らは彼のストーリーラインを奪い、キャラクター性や台詞を奪ってしまった。」と明かしている。ジョーンズがラトナーとこの問題について話し合うと、監督は脚本家がジャガーノートの開発を続けていることを約束したが、「それは決して起こらなかった」と語った。

ジョーンズは、この映画はマシュー・ヴォーンがキャラクターに意図していたものを反映していないと明らかにした。その上で、ファンが失望していることを認め、ラトナーのクリエイティブな決断に責任があると明かした。「ファンにとって何を意味するかは分かっているし、誰も私の言い分を話してくれなかったため、私はちょっとしたスケープゴートのように感じていた。基本的に、私はエキストラだった・・・僕はそう感じていた。」と付け加えました。

さらにジョーンズは映画に関するラトナーの決断を批判した。ジョーンズは「ブレットは何らかの理由で、映画の中でセリフが1行ずつしか出てこない他のキャラクター達をすべてボードに連れてきたため、それはジョークだった。」と語った。しかし、ジョーンズはこの役に魅力を感じ続けていることを明かし、もしマーベル・シネマティック・ユニバースでジャガーノートの別の映画化があるとしたら、「私はそれを正すチャンスが欲しいと思っている。本当にそうしたい。チャンスがあれば、それは私がひっくり返さなければならないもの。」と語っている。

それまでシリーズを監督していたブライアン・シンガーが辞任し、マシュー・ヴォーンが「X-MEN:ファイナル ディシジョン」の監督として契約していたが、個人的および職業上の問題で監督を辞めざるを得なかった。代わりにラトナーが監督を務めることになった。

created by Rinker
¥299 (2021/12/06 15:01:09時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥300 (2021/12/07 05:00:37時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す