Newsaramaより

ライターのトム・テイラーは「インジャスティス」フランチャイズの新作コミックに取り組んでいると報じられている。

テイラーは金曜日に彼の新しいDCプロジェクトの別の手がかりを投稿したが、その後Comicbook.comはすぐに削除した記事の中で、そのプロジェクトの正体について報告した。

削除されたComicbook.comの記事(画像を含む)によると、この新しいプロジェクトはデジタルで初登場となる「インジャスティス:イヤー・ゼロ」と呼ばれるゲーム「インジャスティス」の新しい前日譚シリーズとなる。

テイラーはアーティストのロジェ・アントニオ、キアン・トーメイ、レイン・ベレド、ウェス・アボット、カバーアーティストのジュリアン・トチノ・テデスコと共に、「『インジャスティス:神々の激突』のイベントに至るまでの経緯を語る」と報じられている。

また、Comicbook.comはDCが「インジャスティス:イヤー・ゼロ」について想定している描写を共有しています。

「『フォール・オブ・ザ・オールド・ゴッズ』はジャスティス・リーグを中心としたアクションに焦点を当て、彼らの前任者が暴君を倒すために第二次世界大戦の中で密かに戦っていたことを発見する。 ジョーカーがDCのスーパーヒーローをコントロールする方法を見つけた時、彼はその力を利用してジャスティス・リーグとJSAを内部から妨害するために使用する!」

Comicbookによると、月2回のデジタルファーストシリーズの最初の3章は、comiXology、Amazon、その他のデジタルサービスで「今日より」発売されるという。

過去にNewsaramaが報じているように、DCは第1章が発売された時点でデジタルファーストシリーズの発売を正式に発表することを好んでおり、今回のように第1章がすぐに発売されるという時点で、DCは第1章の発売を正式に発表していなかった。これが記事の削除の一因になっている可能性もある。

第4章は8月18日(火)に公開されると報じられており、Comicbookによると「まもなく」コミックブックショップで入手可能になるという。

created by Rinker
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
¥2,560 (2020/08/09 19:31:21時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Warner Bros(World)
¥2,703 (2020/08/09 19:31:21時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す