CBRより

1999年にポップスターのマイケル・ジャクソンは、ブライアン・シンガー監督による最初の映画「X-MEN」でチャールズ・エグゼビア教授を求めていた。

最近のインタビューでプロデューサーのローレン・シューラー・ドナーは、ジャクソンがFOXのスタジオ事務所に現れたことや、売り込んできた時のより具体的な詳細を提示した。 彼女はジャクソンがブライアン・シンガーやX-MENのプロデューサー、クルーと会った時のことを振り返った。 ドナーは「私は彼に『エグゼビアが年配の白人だということを知っていますか?』と言った。」と話し、ジャクソンは「化粧をしてもいいよ」と答えたと報じられている。 その後、ジャクソンは手の込んだプレゼンテーションを行い、そのハイライトは1996年の短編映画「ゴースト」で、彼は年配の白人市長を含む5つの異なる役を演じた。

ドナーはまた、ジャクソンがオフィスに入ってきても握手をせず、サングラスをかけていたことを明かした。 当時、ジャクソンは大物セレブであり、コンサートでも大活躍していた。 ジャクソンの努力にもかかわらず、20世紀FOXのプロデューサーたちは、ジャクソンがこの役の真剣な候補者であるとは考えていなかった。

最終的に、この役はパトリック・スチュワートに任され、2017年の映画「LOGAN/ローガン」まで役を演じた。

created by Rinker
¥299 (2020/09/27 17:34:53時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2020/09/27 16:20:38時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す