Comicbook.comより

マーベルは新たなミニシリーズ「U.S.エージェント」を発表した。全5号のシリーズはライターのクリストファー・プリーストとアーティストのステファノ・ランディーニによって描かれ、ジョン・ウォーカーはU.S.エージェントとしてアメリカ政府から解雇され、文民統制の契約者としての道を探求するという。

プリーストは「『アメリカン・ゼロット』は5つの号で語られる道徳劇だ。ジョン・ウォーカーは解雇された。もしくはやめた。それは誰が語るかによる。今は文民統制の契約者としての道を見つけ、ウォーカーはより多くのお金を稼ぎ、危険を冒している。彼は認可されたエージェントが追えない場所に進出できるようになった。しかし、諜報データへの公式アクセスは限られており、U.S.エージェントの任務はマクガイバーが必要とする盲目の路地へと彼を導く。」とコメントしている。

さらに、「『U.S.エージェント』はアメリカンドリームの無数の表現や願望、その夢がどのように実現されているのか、あるいは実現されていないのかを、しばしば戦争状態にある国の目と声を通して探求するという、刺激的な作家の挑戦を提示している。ジョン・ウォーカーはしばしば自分自身と戦争をしている男であり、だからマーベルはこの旅のためにつまずき、地球上で最も偉大な国家の多くのビジョンを介して、このパルクールのキャロムのためのより良い主人公は他にいない。」と述べている。

「U.S.エージェント」#1は11月より発売。

created by Rinker
Marvel
¥2,131 (2020/09/27 07:36:38時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,474 (2020/09/27 07:36:39時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す