CBRより

クリステン・ウィグは映画「ワンダーウーマン 1984」の撮影現場では秘密が厳しく、チーターのコスチュームを着ていた時の写真はなく、思い出だけが残っているほどだという。

ロンドンでの撮影についてウィッグはIn Styleとのインタビューで、「撮影は禁止されていた。 封鎖されていた。 彼らはどこかに持っていて、それを見ることになるだろう。 しかし、私のキャラクターには様々な進化がある。 それらは任せている。」と述べている。

バーバラ・ミネルバはダイアナの友人でヴィランとなるキャラクターで、チーターとして変容していく様を描く模様。彼女のチーターとして姿はトレーラー等では明かされておらず、厳重に管理されている。

映画「ワンダーウーマン 1984」は2020年10月2日より米公開予定。監督:パティ・ジェンキンス、出演:ガル・ガドット、クリス・パイン、クリステン・ウィグ、ペドロ・パスカル、配給:ワーナー・ブラザース

created by Rinker
¥299 (2022/07/02 16:23:04時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥400 (2022/07/02 18:31:21時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す