CBRより

リードポップは新型コロナウイルスのパンデミックのため、ニューヨーク・コミコン2020の物理的な開催を中止し、完全にデジタル化されることを発表した。

リードポップの公式プレスリリースは以下の通り。

本日、世界有数のポップカルチャーイベントのプロデューサーであるリードポップは、ニューヨーク・コミコンのジャビッツ・センターでの物理的なイベントが2020年には意図した通りに開催されないこと、また、ニューヨーク・コミコンで期待される興奮、コミュニティ、そして驚くべきコンテンツを世界中のファンに直接届けるオールデジタルイベントでYouTubeと正式に提携することを発表しました。

10月8日から11日まで、ニューヨーク・コミコンのYouTubeチャンネルでは主要なエンターテイメントブランドのパネルを独占的にライブストリーミングします。 Starzは大作「アメリカン・ゴッズ」を、CBSオールアクセスは伝説の「スタートレック・ユニバース」を、ドリームワークス・アニメーションはテレビアニメの最高峰を、Hulu & FXは世界中のファンに向けてエキサイティングな番組をお届けします。 プレミア、発表、ファンコンテストなどのコンテンツについては、今後数週間のうちにさらに多くのニュースが発表される予定です。

「私たちが大好きなニューヨーク・コミコンに直接お集まりいただけないのは本当に残念です。 私たちは皆さんと同じように、この週末を一年中楽しみにしていますが、今回は15回目の開催ということで、特に興奮していました。 アーティストの道を歩いたりして、ジャビッツ・センターの地下室にいた頃からできた友人に会えないのが寂しいです。今年は間違いなくこれまでとは違った経験になるでしょうが、YouTubeとのパートナーシップを通じて、ファン、出展者、スタジオに最高で最も魅力的なイベントを提供できるように努力していきます。」とリードポップのランス・フェンスターマン社長は述べています。

YouTubeを通じてパネルをライブストリーミング&オンデマンドで独占配信するだけでなく、ファンはパネルの間にタレントのQ&Aに参加したり、すべてのパネルをウォッチパーティーにしたり、YouTubeのコミュニティとライブチャット機能を使って他のファンと一緒にオトクな時間を過ごすことができるようになります。

また、リードポップはミート&グリーティング、ライブQ&A、パーソナライズされたサイン、ビデオ、プロフェッショナルなワークショップなど、間近で個人的な体験ができる機会をファンに提供します。 また、今年はジャビッツのショーフロアやアーティスト通りをファンが散策することはできませんが、リードポップは出展者やクリエイターが最新のアイテムを共有するバーチャルマーケットプレイスをファンが探索できるようにしています。 これらのエキサイティングなファン開発に関する詳細な情報は、今後数週間のうちに発表される予定です。

10月に開催されるニューヨーク・コミコンのメタバースに先駆けて、リードポップは8月13日から16日までメタバース8月を開催し、ファンに著名人やクリエイターとのオンリーワンのバーチャル体験、新作の発見、マーケットプレイスの探索、限定商品へのアクセスなどを提供します。

ニューヨーク・コミコンは、アメリカで開催される究極のポップ・カルチャー・デスティネーション・イベントです。 NYCCではコミック、テレビ、映画、出展者、セレブリティ、コスプレ、アニメなど、最高のものが一堂に会し、ファンの皆様の記憶に残るユニークでエキサイティングな体験をお届けします。 これらの体験は、ジャビッツ・センターの壁を越えて、リードポップ・デジタルコンテンツのオンラインの世界を通して、NYCCの週末を越えて生き続けています。

created by Rinker
¥1,650 (2021/12/08 03:27:36時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Marvel
¥4,843 (2021/12/08 04:14:13時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す