CBRより

映画「ジャスティス・リーグ」でビクター・ストーン / サイボーグを演じたレイ・フィッシャーは、2017年の「ジャスティス・リーグ」に関わった人達への抗議行動を続けており、今回は元DCチーフ・クリエイティブ・オフィサーのジェフ・ジョーンズを名指ししている。

フィッシャーはTwitterにて、「『ジャスティス・リーグ』のLAでの再撮影中、ジェフ・ジョーンズは私を彼のオフィスに呼び出し、適切な指揮系統に苦情を伝えようとした私(と私のエージェント)を軽蔑し、警告した。彼は私のキャリアを脅した。」と投稿した。

6月にもフィッシャーは「ジャスティス・リーグ」でザック・スナイダー監督の後任に就任したジョス・ウェドンを称賛していたことを撤回し、その数日後には「ジョス・ウェドンの『ジャスティス・リーグ』のキャストやクルーに対するセットでの扱いは、粗悪で、虐待的で、プロ意識がなく、完全に受け入れがたいものだった。彼はジェフ・ジョーンズとジョン・バーグによってそれが可能になっていた。 責任>エンターテイメント」とツイートしている。更に7月にはジョーンズとバーグの振る舞いについて非難しており、今回はジョーンズに関して具体的な内容を投稿した形となる。

ザック・スナイダー版「ジャスティス・リーグ」は2021年にHBO Maxで独占公開される。

created by Rinker
¥400 (2021/12/07 05:38:05時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2021/12/06 20:52:48時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す