CBRより

先週、ワーナーメディアのレイオフで解雇されたDCコミックス編集長ボブ・ハラスの離脱に伴い、マリー・ジャビンズとミシェル・ウェルズが暫定的な後任として指名された。

DCのパブリッシャーであるジム・リーは、コミックがまだ会社の将来の「非常に」一部であることを保証した後、より小さなスレートではあるが、ジャビンズとウェルズが暫定的な編集長に任命されたことについて、ハリウッド・レポーターに打ち明けた。これまでにはジャビンズはDCでデジタル戦略を担当し、ウェルズは出版社のYAインプリントを担当していた。

リーは「私たちはこの2人が一堂に会して、私たちが行っているコンテンツの草案を作成し、整理するのに協力することは、素晴らしい組み合わせだと考えた。デジタル、グローバルを問わず、多様性と包括性を確保し、私たちが行っているストーリーテリングに信憑性を持たせるようにしたいと考えている。私たちの努力をすべて統合し、すべての編集者がこれらの指示に関与し、大まかに言えば6歳から11歳、そして12歳から45歳までの子供向けのコンテンツを整理すること。それは、フォーマットを統合し、より小さく、より集中した編集グループに統合すること。」と述べている。リーはまたこの時点で、彼がDCのパブリッシャーではなくなったという報道を否定した。

created by Rinker
¥1,650 (2022/01/28 16:25:21時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,190 (2022/01/28 17:33:21時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す