CBRより

オリヴィア・ワイルドがソニーによる女性主導のマーベル映画を監督すると報じられた。Deadlineによると、ワイルドはソニーで女性主導のマーベル映画プロジェクトの監督を務めることになり、彼女はケイティ・シルバーマンと共同で脚本を書き、エイミー・パスカルとレイチェル・オコナーがプロデュースする。噂によると、この秘密のプロジェクトは「スパイダーウーマン」を追うことになるようだが、それがどのスパイダーウーマンになるのかは明らかにされていない。

報告によると、これはソニーにとって2つ目の女性主導のマーベル・スーパーヒーロー・プロジェクトになるという。つまり、以前に発表されたS.J.クラークソンが監督を務める映画「マダム・ウェブ」とは別の作品になる。

スパイダーウーマンとしてはジェシカ・ドリューが最も長く、1977年の「マーベル・スポットライト」#32で導入された。ドリューは子供の頃に病気を治療するために実験され、彼女はクモのような力を開発するようになった。ヒドラの陰謀に巻き込まれながらも、自分自身がスーパーヒーローになり、アベンジャーズの一員にまでなった。

ソニーによる女性主導のマーベル映画の公開日は発表されていない。

created by Rinker
Marvel
¥3,554 (2020/12/02 08:51:00時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,420 (2020/12/02 10:48:32時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す