Comicbook.comより

WB Games Montrealの新作ゲーム「ゴッサム・ナイツ」は「バットマン アーカム・ナイト」の続編ではないことが明らかになった。ゲームはDCファンドームにて発表されたが、いくつかの混乱が生じた。ゲームはバットマンの死後に行われ、「バットマン:アーカム」シリーズを通じて紹介されたバットマン・ファミリーのいくつかのメンバーが含まれている。

ComicBook.comは「ゴッサム・ナイツ」が「バットマン:アーカム」シリーズの連続性の中でどこに収まるのかを把握するためにWB Games Montrealに連絡を取った。WB Games Montrealは「『ゴッサム・ナイツ』はDCのバットマン・ユニバースを舞台にしたオリジナルストーリーであり、アーカムシリーズとは関係ない。」と伝えている。

ゲームの概要によると、「バットマンは死んだ。バットマン・ファミリー(バットガール、ナイトウィング、レッドフード、ロビン)がゴッサム・シティを守り、市民に希望を与え、警官に規律を、犯罪者には恐怖を与える。あなたは新たなダークナイトへと進化し、ゴッサムを混沌から救わなければならない。あなたの遺産は今始まる。ナイトへの一歩を踏み出せ。」となっている。

ゲーム「ゴッサム・ナイツ」は2021年発売予定。

created by Rinker
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
¥7,000 (2021/10/17 10:30:09時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
¥1,546 (2021/10/17 21:09:01時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す