CBRより

ソニーはマーベルのテレビシリーズを開発していると報じられているが、その第一弾はスパイダーマンのスピンオフキャラクターである「シルク」を題材にしたものとなる。

Deadlineによると、ストリーミングサービス向けのマーベル・スイート・オブ・プログラミングは、Amazonが交渉中であるという。 この計画は、Netflixがデアデビル、ルーク・ケイジ、ジェシカ・ジョーンズ、アイアン・フィスト、ディフェンダーズのために仲介した契約と比較されており、同様に複数のキャラクターを制作する可能性があるという。 脚本はシルクと同じく韓国系アメリカ人のローレン・ムーンが担当することになっている。 フィル・ロード、クリス・ミラー、元ソニー・ピクチャーズのエイミー・パスカルがエグゼクティブ・プロデューサーを担当している。

シルクことシンディ・ムーンはダン・スロットとハンベルト・ラモスによって制作され、2014年の「アメイジング・スパイダーマン」#4で初めて登場を果たした。 彼女はピーター・パーカーの高校の同級生で、ピーターにクモの能力を与えたのと同じ放射性クモに噛まれた。 ピーターがアメイジング・スパイダーマンになるまでの間、シンディはかつての恩師であるエゼキエルによって地下壕に閉じ込められていた。

created by Rinker
¥3,520 (2021/02/25 16:06:36時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,420 (2021/02/24 19:53:05時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す