Newsaramaより

近日発売予定のX-MENの散文小説「リバティ・アンド・ジャスティス・フォー・オール」のカバーが明らかになった。 これはAconyteのマーベル散文小説シリーズの一部であり、X-MENに特化したラインである「エグゼビア研究所」のキックオフでもある。

キャリー・ハリスによる「リバティ・アンド・ジャスティス・フォー・オール」は、若いミュータントのトリアージとテンパスが、大人のX-MENからの監督なしで、初めての単独ミッションに乗り出すまでを描いている。

「ニュー・チャールズ・ザビエル研究所での訓練の一環として、トリアージとテンパスは、彼らの最初のソロ飛行ミッションを試みることが許可されている。彼らはミッションの中で、緊急のSOSメッセージを拾う。センチネルは負傷した政治家を守るために苦労している強力なミュータントを攻撃している。 彼らはレッスンを放棄してこの呼び出しに答えるとき、両方の正体は彼らが掘り出した物よりもはるかに多くの問題を2人の若きX-MENに引き起こすだろう。」と説明している。

「リバティ・アンド・ジャスティス・フォー・オール」は11月3日より発売。

created by Rinker
¥1,474 (2022/07/04 10:34:00時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す