CBRより

ハル・ベリーは2004年に公開された映画「キャットウーマン」に出演したのは、「007 ダイ・アナザー・デイ」のスピンオフ作品の計画が頓挫した後、必要性を感じ、アクションスターとしての黒人俳優の機会を拡大するための賭けだったことを明らかにした。

ベリーは2002年に公開された「007 ダイ・アナザー・デイ」で、北朝鮮のテロリストを阻止するためにピアース・ブロスナン演じるジェームズ・ボンドとチームを組むNSAのエージェント、ジンクス役で共演した。この映画は全世界で4億3200万ドルの興行収入を記録し、ボンドのプロデューサーであるバーバラ・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソンは、ジンクスを主演にした映画やフランチャイズの製作を検討していた。しかし、スタジオのメトロ・ゴールドウィン・メイヤーは、提案された8000万ドルの予算のためにパスしたことをベリーは明らかにした。

ベリーはVarietyとのインタビューで、「それは非常に失望した。それはその時代の先を行っていた。誰も黒人女性アクションスターにその種のお金を投げ込む準備ができていなかった。その価値を確信していなかっただけ。それが当時の私たちの立場。」と語った。アクション映画を続けるために、ベリーは「キャットウーマン」に注目した。ベリーは「キャットウーマン」への出演に関し、「みんなに言われた。『オスカーを取ったばかりなのに』と。私はジンクスをやっていなかったため、『有色人種の女性がスーパーヒーローになる絶好のチャンス。なぜ試さないの?』と思った。」と明かしている。

「キャットウーマン」は公開時、多くの批評家に嫌われ、多くの人が映画の深みのなさを批判した。ベリーは、この映画でゴールデン・ラズベリー賞の最低主演女優賞にノミネートされ、授賞式に自ら出席して受賞した。

created by Rinker
¥299 (2021/02/26 13:54:28時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥400 (2021/02/27 04:38:16時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す