CBRより

マーベル・コミックは新たなミニシリーズ「モードック:ヘッド・ゲームズ」を発表した。全4号のシリーズはジョーダン・ブルームとパットン・オズワルトがライターを担当し、彼らはHulu向けのアニメ「モードック」の監督や脚本を務めている。アートはスコット・ヘップバーンが担当する。モードックはアニメシリーズにおいて家族と仕事のポジションといった中年の危機に対処する予定だが、このコミックシリーズでは今までになかった家族の思い出に悩まされされ始めるという。

公式の説明によると「Huluでのアニメ『モードック』のショーランナー、パットン・オズワルトとジョーダン・ブルームは、マーベルユニバースの最大の頭の1人の心に旅をする!モードックは、テロ組織A.I.M.の冷酷で華麗なリーダーであり、ヒーローを打ち負かし、自分の立場を狙っている彼の斬新な同僚たちを打ち負かしている。しかし、彼が今までになかった家族の思い出に悩まされ始めたとき、彼がひどく大きな心を失っているのか、またはこの巨大な心があるかどうか、彼にはわからない。これらのビジョンの背後は不吉だ。」と述べている。

オズワルトは「モードックについて私たちをくすぐるものの1つは、すべての目に見える証拠が反対を示しているときでも、この威圧的で恐ろしい表舞台を維持するという彼の主張だった。初期のカービーの号の時から、彼は地面に叩きつけられた時でさえも、自分の威厳を誇示するような態度を取り続けていた。悪意に満ちたウィーブルは、私たちにとって一目惚れだった。だから、シリーズでそのあらゆる側面を探求した後、彼が感銘を受けるべき人がいない孤独な瞬間に彼を示し、彼が支えようとし続けているこの絶望的な自己イメージで、彼の起源についての謎を解明しようとしているモードックに負担をかけることは、超楽しかった。」と述べている。

「モードック:ヘッド・ゲームズ」#1は12月より発売予定。

created by Rinker
¥2,684 (2021/06/23 06:53:04時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,530 (2021/06/23 06:53:05時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す