CBRより

DCのサブスクリプションサービス、DCユニバースが来年に変貌を遂げ、コミックに特化したサービスとなる。DCパブリッシャー兼チーフ・クリエイティブ・オフィサーのジム・リーが、DCユニバースの将来に関する重大発表を約束した後、DCは2021年1月21日にデビューするコミックのサブスクリプションサービス「DCユニバース・インフィニット」として、DCユニバースの名称を変更することを発表した。また、「DCユニバース・インフィニット」は2021年夏から世界中で利用できるようになる。

DCパブリッシャー兼チーフ・クリエイティブ・オフィサーのジム・リーは声明の中で次のように述べている。「DCユニバース・インフィニットのメンバーは、これまで楽しんできた素晴らしいコミックをすべて読むことができるだけでなく、新刊が以前よりも早くプラットフォームに登場し、デジタル初回限定版が作成され、メンバー限定のイベントができるだけ早く開始される。これを共有できることに興奮している。DCファンになるには、これ以上のチャンスはない!」

「DCユニバース・インフィニット」の導入により、最近発売されたコミックは、紙版が書店で発売されてから6ヶ月後に読めるようになり、DCマルチバースの80年に渡るオリジナルグラフィックノベルと共に届くことになる。また、購読者は「アクアマン:ディープ・ダイブズ」、「バットマン:ゴッサム・ナイツ」、「DCスド:ホープ・アット・ワールズ・エンド」「ハーレイ・クイン:ブラック+ホワイト+レッド」、「インジャスティス:イヤー・ゼロ」等のデジタルファーストシリーズに素早くアクセスすることができる。

アップデートされたアプリは、将来的にサービスのために作成された新しいコンテンツやお気に入りのDCキャラクターが登場する「DCユニバース・インフィニット・オリジナルズ」のホームにもなる。現在のDCユニバースの購読者は、アカウントをシームレスに「DCユニバース・インフィニット」に移行することができる。

DCユニバースのオリジナル映像コンテンツのドラマ「タイタンズ」、「ドゥーム・パトロール」、「スターガール」、アニメ「ヤング・ジャスティス」などはHBO Maxに順次移行している。また、HBO Maxは大人向けコメディアニメ「ハーレイ・クイン」シリーズを第3シーズンに向けて更新した。

「DCユニバース・インフィニット」は、ウェブサイトのDCUniverseInfinite.com、iOS、Android端末で利用でき、月額7.99ドル、または年間74.99ドル(月額6.25ドル)で提供される。

created by Rinker
¥1,650 (2022/08/13 08:49:36時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,190 (2022/08/13 23:09:01時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す