CBRより

Disney+(ディズニープラス)にて配信される「ミズ・マーベル」の監督が決定したことが確認された。

The Hollywood Reporterによると「バッドボーイズ フォー・ライフ」で知られるアディル・エル・アルビとビラル・ファラーがシリーズの監督を務めることになった。 2度のオスカー受賞者であるシャーミーン・オベイド=チノイとミーラ・メノンもシリーズの監督を務める。 メノンは、「ウォーキング・デッド」、「パニッシャー」、「タイタンズ」、「ダーティー・ジョン」、「アウトランダー」などのエピソードの監督を務めていた。

ライターのG・ウィロー・ウィルソン、アーティストのエイドリアン・アルフォナとジェイミー・マッケルビー、編集者のサナ・アマナトとスティーブン・ワッカーによって制作されたカマラは、10代のパキスタン系アメリカ人の少女で、彼女がテリジェン・ミストの雲にさらされたことでインヒューマンの能力が発動し、彼女に変身能力を与えた。最近では彼女は若きヒーローチーム、チャンピオンズを結成してリーダーを務め、マーベル・ユニバースでも大きな役割を担っている。

「ミズ・マーベル」はDisney+(ディズニープラス)にて配信予定。

created by Rinker
¥275 (2022/07/03 01:36:06時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,420 (2022/07/02 16:43:32時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す