CBRより

ザック・スナイダー監督による「ジャスティス・リーグ」が来月から追加撮影を開始し、多くのキャストが復帰するという。

The Hollywood Reporterによると、監督は10月にHBO Max向けに配信される「ジャスティス・リーグ」の撮影を1週間ほど行い、ワンダーウーマン役のガル・ガドット、バットマン役のベン・アフレック、スーパーマン役のヘンリー・カヴィル、サイボーグ役のレイ・フィッシャーなど、多くの俳優が戻ってくる予定。

スナイダーは家族の悲劇のために辞任する前、「ジャスティス・リーグ」の大部分を監督していた。ジョス・ウェドンが監督の職務を引き継ぎ、新たなシーンを追加し、ダークサイドの登場などスナイダーが計画していた内容の多くを変更した。スナイダーカットでは当初の構想で再び編集され、全4部のシリーズとしてHBO Maxで配信予定。HBO Maxのサービスがない地域においても、何らかの形で作品を提供するよう準備しているとスナイダーは明かしている。

ザック・スナイダー版「ジャスティス・リーグ」は、HBO Maxで2021年初頭から中旬に独占公開予定。

created by Rinker
¥400 (2022/01/28 08:58:48時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2022/01/28 08:57:28時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す