CBRより

映画「バットマン ビギンズ」の脚本家デビッド・S・ゴイヤーによる「バットマン」のポッドキャストシリーズ「バットマン・アンベリド」を発表した。Spotify限定ポッドキャストは、「ブルース・ウェインというキャラクターの暗い部分を探っていく」という。 ゴイヤーはこのオーディオドラマのためにストーリーを作成し、エグゼクティブ・プロデューサーも務める予定。

公式のプレスリリースの内容は以下の通り。

Spotify、ワーナー・ブラザース、DCの3社は本日、映画やテレビの脚本家・プロデューサー・監督として高い評価を得ているデビッド・S・ゴイヤー(バットマン・ビギンズ)が、新しいオーディオドラマ「バットマン・アンベリド」でゴッサム・シティに戻ってくることを発表した。 ゴイヤーはこのシリーズの原作者であり、エグゼクティブ・プロデューサーとしてプロジェクトの舵取りを行う。 このシリーズは物語性のある台本付きポッドキャストのオリジナル作品を制作・配信するという両社の複数年にわたる契約から生まれた最初のプロジェクトです。 世界有数のオーディオストリーミングサービスであるSpotifyは、「バットマン・アンベリド」の独占プラットフォームとして機能し、ゴイヤーのPhantom Four制作会社がワーナー・ブラザースのBlue Ribbon Contentと共同で開発・制作を行います。 Phantom Fourのキース・レヴィンもまた、ゴイヤーと共にエグゼクティブプロデューサーを務めます。

具体的な詳細は明らかにされていませんが、シリーズはブルース・ウェインの心理のダークな側面を探っていきます。

「バットマン・アンベリド」は2021年にSpotifyで配信予定。

created by Rinker
¥2,530 (2022/01/28 07:17:31時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2022/01/28 10:02:20時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す