CBRより

Netflixがロバート・E・ハワードの「コナン・ザ・バーバリアン」の実写シリーズ化を開発していると報じられている。

Deadlineによると、「コナン」の新プロジェクトはNetflixとコナン・プロパティーズ・インターナショナルとの間の契約の第一弾となるという。この契約により、Netflixはコナンの実写やアニメのテレビシリーズ、映画を開発する独占的なオプションを与えることになる。Netflixのコナンシリーズは、フレドリク・マルンベリとマーク・ウィーラーズ・パスファインダー・メディアが製作を担当しており、ショーランナーと監督を探しているという。

また、2018年にはAmazonでも別のコナンのテレビシリーズが制作中であることが報じられていた。Amazon版コナンは、ライアン・コンダル、ミゲル・サポチニク、ウォーレン・リトルフィールドが舵を取ることになっていた。

スタン・リーとロイ・トーマスによって編集されたマーベルの「コナン・ザ・バーバリアン」のコミックは1970年10月に始まり、275号まで発行され、1993年に終了した。マーベルが2018年に再取得するまで、2003年にダークホース・コミックスがコナンの出版権を確保し、新巻の出版を開始した。コナンは現在、「アベンジャーズ:ノーロード・ホーム」のストーリーラインや「サベッジ・アベンジャーズ」などマーベル・ユニバースでも活躍している。

コメントを残す