CBRより

IDWパブリッシングが「マーベル・アクション:キャプテン・マーベル」を2021年に再開することを発表した。シリーズはライターのサム・マグス、アーティストのイザベル・エスカランテ、スウィーニー・ブーによって描かれ、スパイダーグウェンもゲスト出演する。

第1話ではキャロル・ダンバースはニューヨークでのダウンタイムを楽しもうと頑張っているが、ゴーストスパイダーことグウェン・ステイシーが彼女にClikClokアプリを紹介したことで、事態は一気に暴走する。

マグスは「キャロルのために書くことはキャリアのハイライトであり、IDWの素晴らしいチームと彼女の物語を続けることができてとてもワクワクしている。キャロルはパワフルで、自信に満ちていて、自立しているが、他の人とうまくやっていくことについては、まだまだ学ぶことがたくさんある。 キャロルのマーベル・アクション・アドベンチャーを書く上で、私の好きなことの1つは、他のヒロインたちとの関係を掘り下げていくこと。」と述べている。

エスカランテは「コミック業界での初めて仕事で、それがキャプテン・マーベルの物語であり、彼女はとてもパワフルで皆に愛されているキャラクターのため、大きなチャレンジのように感じる。嬉しくて、緊張して、興奮している!」と述べている。

ブーは「キャプテン・マーベルのイラストを描くことは夢のようなこと。キャロル・ダンバースは、とても刺激的で強いキャラクター。 彼女は決断力があり、勇気があり、自信に満ちている・・・私はそうではないが、私は彼女を介して、彼女のように生きることができる!彼女は私の心の中に特別な場所を持っていて、私がプロとして描いた最初のスーパーヒーロー。 彼女を手放すなんて想像できない!」の述べている。

「マーベル・アクション:キャプテン・マーベル」#1は2021年1月より発売。

created by Rinker
IDW Publishing
¥944 (2021/02/27 04:44:24時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,150 (2021/02/27 00:57:09時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す