CBRより

2005年の映画「ファンタスティック・フォー」は、ジュリアン・マクマホンが演じたものとは全く異なるバージョンのドクタードゥームを持っていた。このドゥームのキャラクターデザインは当初、ボディホラーの領域に向かっていただけでなく、それをニコラス・ケイジが演じる予定だった。

Instagramの投稿で、コンセプトアーティストのライアン・ユニコムは、ドゥームのサイバネティックアームと傷だらけの顔の未使用デザインを明らかにした。注目すべきはバイオメタルアームの上腕部で、皮膚のやけどを隠そうとせず、クリアパネルを通して彼の傷ついた肉を明らかにしていること。また、ドゥームの顔のモデルは青く塗られているだけでなく、昆虫的なデザインにもなっている。

ユニコムは「ジュリアン・マクマホンが役を引き継ぐ前、ニコラス・ケイジが2005年の『ファンタスティック・フォー』でドクター・ドゥーム役にキャスティングされていた。制作チームはコンセプトアーティストがマリリン・マンソンの似顔絵をいくつかの作品に使用した後、ケイジにアプローチすることを決定した。当時のプロジェクトはかなりダークなものだったし、ドゥームの見た目は間違いなくPG13とRの間の一線を歩んでいた(スキンレスとなっているバイオメタルアームのプロダクション・マケットに見られるように)。これは明らかにうまくいかなかったが、それにもかかわらず面白い。」と述べている。

映画「ファンタスティック・フォー」はディスク版及びデジタル配信中。

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥2,736 (2022/01/23 08:05:08時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2022/01/23 00:59:24時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す