CBRより

映画「ワンダーウーマン 1984」でダイアナと対峙することとなるペドロ・パスカル演じるマックスウェル・ロードだが、この配役は映画の監督であり共同脚本家でもあるパティ・ジェンキンスが個人的に選んだもので、なぜ彼をこの役に選んだのかを説明している。

ジェンキンスはVarietyとのインタビューで、「彼とは一緒に仕事をしていたので、彼のことは知っていた。彼が何かを証明する必要はなかった。私は彼のアイデアが好きだったし、彼は『ヴィラン』とは叫ばないので、意外性があると思っていた。」と述べている。

彼女とパスカルは以前、パスカルが「ゲーム・オブ・スローンズ」でデビューする前に作られた未放送のTVパイロット「エクスポーズド」で共同作業をしていた。

禁断の力により、全人類が滅亡へと向かうーー
スミソニアン博物館で働く考古学者・ダイアナのもうひとつの顔??それは最強戦士<ワンダーウーマン>。
禁断の力を手にした邪悪な実業家のマックスの陰謀により、急速に崩れ去る世界の均衡と平和。マックスが生み出した正体不明の敵チーターとは?ワンダーウーマンはたった一人で人類の滅亡を止められるのか? そして、ワンダーウーマンがかつてない敵に挑むために払わねばならない“代償”とは!?

映画「ワンダーウーマン 1984」は2020年12月25日より日本公開予定。監督:パティ・ジェンキンス、出演:ガル・ガドット、クリス・パイン、クリステン・ウィグ、ペドロ・パスカル、配給:ワーナー・ブラザース

created by Rinker
¥299 (2020/10/25 15:04:17時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2020/10/25 06:17:40時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す