CBRより

マイケル・B・ジョーダンが、DCコミックスの「スタティック・ショック」を原作とした長編映画の製作にサインした。

The Hollywood Reporterによると、ジョーダンは自身の制作会社であるアウトライア・ソサエティを通じて「スタティック・ショック」を制作する予定で、ワーナー・ブラザース・ピクチャーズとファーストルック契約を結んでいる。 8月にDCファンドームで「スタティック・ショック映画の開発について真剣に話し合っている」と明かしたマイルストーン・メディアのレジナルド・ハドリンは、「劇場用長編映画」であることを明らかにしている。

ジョーダンは声明において、「私は黒人スーパーヒーローを中心とした新しいユニバースの構築の一部であることを誇りに思っている。私たちのコミュニティはそれに値する。アウトライア・ソサエティは、あらゆるプラットフォームで多様なコミックブックのコンテンツに命を吹き込むことを約束している。最初のステップとしてレジーとワーナー・ブラザースと提携出きるとこを嬉しく思う。」と述べている。 THRは「スタティック・ショック」の成功が証明されれば、マルチプラットフォームのフランチャイズが計画上にあると説明している。

デニス・コーワン、マイケル・デイビス、デレク・ディングルと一緒に故ドウェイン・マクダフィーによって作成された「スタティック」は、1993年にマイルストーン・コミックスより発売された「スタティック」#1で初登場した。

created by Rinker
DC Comics
¥8,069 (2020/10/25 14:38:13時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2020/10/25 04:45:14時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す