CBRより

Disney+(ディズニープラス)シリーズ「ワンダヴィジョン」は、マーベルの最も期待されているプロジェクトの1つで、スカーレット・ウィッチとヴィジョンがクラシックなシットコムにインスパイアされたユニークな設定で登場する。 主演のエリザベス・オルセンによると、ファンはよりコミックに近いスカーレット・ウィッチにも会えるという。

ニューヨーク・タイムズ紙がオルセンにシリーズについて明かすことができることを尋ね、彼女は「ワンダヴィジョンはこのような信じられないようなコンセプト。 コミックの中のスカーレット・ウィッチとしての彼女を理解するのは初めて。だから、それは楽しいことになるだろう。 彼女は常にコミックシリーズの中でメンタルヘルスや病気の代表であり、彼女の大きな役割はマーベルの中でその汚名を処理すること。」と述べており、より現代的なコミックではしばしばプロットポイントとなっているワンダの精神的な健康状態を調査する予定だという。

ショーにおけるヴィジョンの役割について質問されたオルセンは、それには答えられないと述べ、映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」での自身の役割についてもあまり知らないと明かした。

多くの点で詳細については明らかにしていないが、マーベルはキャラクターがどのような形であるべきかについて、彼女に自由裁量を与えていることを説明している。 オルセンは「マーベルのすごいところは、プロデューサーとして、どんな体型になれとは決して言わないところ。 痩せているとか、強いとか、そんなことは期待していない。 あなたのキャラクターに必要だと思うなら、あなたはそうするだろうと思っているだけ。 それは、あなたを束縛するものではない。 私は文字通り、ある時点でケヴィン・ファイギに尋ねた。『では、いつ子供を産むことができる?いつ妊娠できる? 』と聞くと、『自分の人生を生きて。そうすれば私たちはそれを回避する。』と言われた。5年以内には実現しないと思うけど、それはとても楽しみなこと。」と語った。

「ワンダヴィジョン」は2020年12月よりDisney+(ディズニープラス)にて配信開始予定。

created by Rinker
¥299 (2020/12/02 19:13:40時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,530 (2020/12/03 08:56:45時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す