CBRより

マーベルの「マグニフィセント・ミズ・マーベル」シリーズが1月の#18で終了する。これを記念して、シリーズライターのサラディン・アフメッドとアーティストのミンギュ・ユングは、通算75号のソロ作品となる#18をメガサイズのクライマックスにする。

声明の中でアフメッドは、「スーパーヒーローのことは忘れて、カマラ・カーンは彼女の世代で最も重要な架空のキャラクターの1人だ。私がコミックを書くようになる前から、それが真実であることは知っていた。しかし、『ザ・マグニフィセント・ミズ・マーベル』を創刊して以来、ファンの方々にお会いしてお話を伺ってきたことで、ますますより明確になった。カマラは多くの人にとってとても大切な存在だ。イスラム教徒の読者。南アジアの読者。また、世界中のあらゆる年齢層や文化の人々が、この厳しい、ケチな時代の中で、無私で心の優しい(少しダサいかもしれない)ヒーローを応援したいと思っている。ミンギュ・ユングの鉛筆とデザインは、ジャージーシティの街からサファの異星人の平原、夜空の戦いまで難なくこなし、常にこの本を動かす人間的な感情を維持している。殺人的な戦闘服から気まずい会話まで、彼は常に新しいビジュアルの方向性で物語を押し進めてくれた。この作品のためにこれ以上完璧なアーティストはいないと思う。もちろん、ヒーローの神話は語り手の間で語り継がれ、語るたびに変化していくときに、最も完全に実現される。私たちはカマラを新たな敵に直面させ、私生活の中で新たな場所に連れて行き、彼女を宇宙に、そして法の端に送ってきた。今度は他の人が自分のやり方で彼女の物語を語ることになるだろう。それがどんなものになるのか、今から楽しみだ。」と述べている。

「マグニフィセント・ミズ・マーベル」#18では、現在進行中の「アウトロード」イベントを含むシリーズ全体のカマラのスーパーヒーローと私生活からの複数のストーリーをまとめている。この号では、ミズ・マーベルが#13で紹介した新スーパーヒーローのアミュレットと再タッグを組み、ストームレンジャーとの大対決に臨むことになる。この新たな脅威は、カマラが惑星サファで発見したクリー人のナノスーツで、敵対的になる前に短期間着用していたが、基本的にはスパイダーマンとヴェノムのダイナミックな関係の彼女のバージョンになる。

現在、カマラは「アウトロード」の個人的、国家的な影響に焦点を当てている。このアウトロードでは、一般市民の服装でスーパーヒーローとしての任務を遂行中に瀕死の経験をしたことが、皮肉にも彼女をスーパーヒーロー登録法のZ世代版「カマラ法」の顔となってしまった。この法律は、指導者の承認なしにすべての10代のスーパーヒーロー活動を禁止している。カマラは当然のことながらチャンピオンズのリーダーとして反対している。ミズ・マーベルはC.R.A.D.L.E.として知られている新しい反十代のヒーロー組織を避けながら犯罪と戦わなければならない。

またマーベルは「サラディンとミンギュのミズ・マーベルでの活躍は、マーベル・ユニバースの中でスリリングな新たな高みへと旅立ち、クリエイティブ・チームは本当に素晴らしいものでした。次はカマラのために何が待っているのかをお見せできることをとても楽しみにしています。2021年にはさらなるニュースをお届けします!」とコメントしている。

「マグニフィセント・ミズ・マーベル」#18は2021年1月より発売予定。

created by Rinker
ヴィレッジブックス
¥2,530 (2022/07/04 14:52:28時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す