Comicbook.comより

映画「キャプテン・マーベル」の脚本家メグ・レフォーヴは、映画のストーリーの中で失敗を受け入れる理由について説明している。ほとんどのファンはそのテーマが映画のストーリーの中心にあることに気づいており、レフォーヴはDiscussing Filmとのインタビューで非常に率直に語っている。

レフォーヴは「私はニコール・パールマンに、女の子にコーディングを教えようとし、どのように問題を抱えていて、女の子が辞め続けているかについて読んだ記事を送ったことを覚えている。私は『このことについて話し合おう』と言いった。なぜこのようなことが起こるのか?なぜ女の子は間違いを犯すことができないと教えられているのか?なぜ女の子は自分の力を受け入れることができないと教えられているのか?そして、自分の力を受け入れることの一部は失敗だ。失敗し、それを自分の性格ではなくフィードバックとして見る能力だ。私たちが自分自身や友達のことで気になっていたことはすべて、多くの議論があった。私たちは自分たちの経験をたくさん使った。」と説明している。

映画「キャプテン・マーベル」はディスク版およびデジタル版が発売中。監督:アンナ・ボーデン、ライアン・フレッ、 製作:ケヴィン・ファイギ、出演:ブリー・ラーソン、ジュード・ロウ、サミュエル・L・ジャクソン、クラーク・グレッグ、配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

created by Rinker
¥299 (2021/02/26 19:43:59時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2021/02/26 20:06:43時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す