Comicbook.comより

長らく待たれている映画「ブラック・ウィドウ」だが、映画でエレーナを演じるローレンス・ピューはストーリーが「恐ろしいもの」と表現している。ヤフーエンターテイメントによると「ブラック・ウィドウ:オフィシャル・ムービー・スペシャル・ブック」において、ピューが映画のストーリーに関するいくつかの興味深いヒントを共有している。

ピューは「私たちが伝えているストーリーラインは非常に恐ろしいもの。本質的には虐待を受け、殺人マシーンになるように訓練された女性たちの話し。スカーレットが何度も何度も言っていたように、今は彼女がブラック・ウィドウの話をするのに適した時期。この物語は基本的に女性が人生を取り戻すという事実に恥じないようにしている。マーベル・スタジオの映画でもある。これはかなり珍しいことで、その一部になれることはとてもエキサイティングなこと。」と述べている。

またピューはエレーナについても語り、彼女を「迷惑な妹」と表現し、ヨハンソン演じるナターシャとの関係がこの映画の核となっていることを明かした。「2人は最終的に長い間行方不明になっていた姉妹なので、愛らしくユニークな友情がある。 2人はお互いに人生の穴を修復していく。」と説明している。

映画「ブラック・ウィドウ」は2021年4月29日より日本公開予定。監督:ケイト・ショートランド、出演:スカーレット・ヨハンソン、デヴィッド・ハーバー、フローレンス・ピュー、O・T・ファグベンル、レイチェル・ワイズ等、配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

created by Rinker
¥2,508 (2022/07/05 05:39:25時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2022/07/05 01:58:22時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す