Newsaramaより

マーベルが新たなシリーズ「X-MEN・レジェンズ」を発表した。シリーズは過去の人気クリエイターが彼らの制作時期のX-MENを再訪問して描くこととなり、ストーリーはシリーズを通しての連続性はない。#1ではデッドプールの共同クリエイターであるファビアン・ニシーザが担当し、今後、クリス・クレアモント、ルイーズ・サイモンソン、ラリー・ハマ、ピーター・デイヴィッドが参加することが発表されている。

#1のアートはブルット・ブースが担当し、当時残されたアダムXがサマーズ家の3男ではという謎について解明していく。ニシーザは「悪名高いサマーズ『3番目』の兄弟の物語をついに語ることができて、信じられないほど興奮している。25年の制作期間を経て、アダムXの真実が明らかになり、ブレット・ブースによって見事に描かれているのを見ることは、私のキャリアの中で最もシュールな経験の一つだ!新シリーズ『X-MEN・レジェンズ』の幕開けと同時に、この物語を語る機会を得たことは、最高にXサイティング(エキサイティング)だ!」と述べている。

1993年の「X-MEN」#23で、ミスター・シニスターがサイクロップスとハボックの3男の存在を言及し、アダムX(またはガンビット)がその可能性を示唆していたが、ニシーザがタイトルを離れて後、謎は未解決のままになった。10年後、エド・ブルベイカーは「X-MEN:デッドリー・ジェネシス」でサマーズ家3男のアイデアを再考し、バルカンとして知られるガブリエル・サマーズが登場した。

「X-MEN・レジェンズ」#1は2021年2月より発売。

created by Rinker
¥32 (2021/06/22 00:37:33時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,585 (2021/06/22 07:23:21時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す