Comicbook.comより

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズの監督ジェームズ・ガンは、映画の中でのドラックスとロケットの感動的なシーンの背景にある歴史について紹介している。

Fandom Wireは「CGI前後の象徴的な15の映画シーン」を作成し、その中にはグルートの死後、ドラックスがロケットを慰めようとするシーンも含まれている。ガンはこの記事に反応して「かなりかっこいい」とコメントし、ファンから「このシーンのために何回撮影しました?私がデイヴ・バウティスタだったら大笑いしていただろうな。」と質問した。ガンは「私たちはみんな泣いていたか、あるいは泣きそうになっていた。私たちはその中にいた。そして、デイヴ・バウティスタとショーン・ガンは私のガーディアンズ映画の中でおそらく一番好きなシーンを作ってくれた。」と明かしている。

「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー Vol.3」の公開日は未発表。

コメントを残す