CBRより

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」でフィル・コールソンを演じたクラーク・グレッグが、Netflixの権利が切れた後、ドラマ「デアデビル」シリーズを救うことを求めるファンのキャンペーンを支持した。

グレッグはドラマでウィルソン・フィスク/キングピンで演じたヴィンセント・ドノフリオの投稿をリツイートし、シリーズの復活を支持していることを示した。ドノフリオのツイートではグレッグが突然「デアデビルを救え!」と叫んだことに言及しており、グレッグは「みんな一緒に言ってくれ・・・#SaveDaredevil」と述べている。

2013年にディズニーとマーベルがNetflixと契約し、「デアデビル」が2015年より配信開始された。2018年10月にシーズン3が配信されたが、翌月にはシリーズのキャンセルが発表された。マーベルとNetflixの契約が終了となり、すべてのシリーズがキャンセルされ、Netflixの最大2年間の権利保持が今年の11月に終了するため、シリーズを復活させるこの嘆願書が求められている。

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥9,907 (2021/10/21 17:17:12時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥10,348 (2021/10/22 03:04:54時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す