CBRより

ワーナーメディアは映画「ザ・スーサイド・スクワッド」や「ゴジラ vs コング」「マトリックス4」「デューン」などの超大作映画を含む2021年の映画の全作品をHBO Maxで公開すると発表した。

ワーナーメディアの映画は劇場での公開に合わせ、最初の1ヶ月間はHBO Maxでも視聴することができる。最初の1ヶ月間の後、各作品は国内および海外の劇場でのみ公開される。

ワーナーメディア・アンド・エットワークスグループ会長兼CEOであるアン・サーノフは、「私たちは前例のない時代に生きており、ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ・グループのためのこの新しいイニシアティブを含め、創造的な解決策が求められている。私たち以上に映画を大画面に戻したいと願っている人はいない。新しいコンテンツが劇場興行の生命線であることは分かっているが、米国のほとんどの劇場が2021年を通してキャパシティを縮小して運営される可能性が高いという現実とのバランスを取らなければならない。このユニークな1年計画では、ワールドクラスの映画を安定的に供給することで、展示会のパートナーをサポートすると同時に、映画館にアクセスできなかったり、映画館に戻る準備ができていない映画ファンに、2021年の素晴らしい映画を見るチャンスを提供することができる。私たちはこれを映画愛好家と出展者の双方にメリットがあると考えており、このような状況に革新的な対応をしてくれた映画製作パートナーに非常に感謝している。」と述べている。

ワーナーメディアのCEOであるジェイソン・キラーは、「利用可能なすべての選択肢と2021年を通しての映画鑑賞の状況を検討した結果、ワーナーメディアの映画事業が今後12ヶ月間をナビゲートするためには、これが最善の方法であるという結論に達した。さらに重要なことは、年間を通して17本の注目すべき映画を消費者に提供し、これらの映画をどのように楽しむかを消費者に選択と決定する力を与えようと計画しているということ。私たちのコンテンツは、誰にも見られずに棚の上に置かれていない限り、非常に価値のあるもの。このアプローチはファンの皆様のためになり、出展者や映画製作者をサポートし、HBO Maxの体験を向上させ、すべての人に価値をもたらすものだと考えている」と述べている。

ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ・グループ会長のトビー・エメリッヒは、「このハイブリッドな展示モデルにより、2021年を通して、映画、クリエイティブ・パートナー、そして映画鑑賞全般を最高の形でサポートすることが可能になった。来年は才能豊かで先見の明のある映画製作者たちの素晴らしい作品を幅広く取り揃えており、世界中の観客の前でこれらの作品を上映できることに興奮している。また、これまでと同様に、劇場公開に向けて革新的で強力なマーケティングキャンペーンを展開し、すべての作品をサポートするとともに、HBO Maxで国内で映画を見ることができるというユニークな機会を提供していく。」と述べている。

映画「ザ・スーサイド・スクワッド」は2021年8月6日より米公開予定。監督:ジェームズ・ガン、出演:デヴィッド・ダストマルチャン、ジョン・シナ、ジェイ・コートニー、ホアキン・コシオ、ネイサン・フィリオン、ヨエル・キナマン、メイリン・ウン、フルーラ・ボーグ、ショーン・ガン、ファン・ディエゴ・ボト、ストーム・レイド、ピート・ダビッドソン、タイカ・ワイティティ、アリシー・ブラガ、スティーヴ・エジー、ティナシー・カジャージ、ダニエラ・メルヒオール、ピーター・カパルディ、ジュリオ・ルイス、ジェニファー・ホランド、ヴィオラ・デイヴィス、イドリス・エルバ、マーゴット・ロビー、マイケル・ルーカー、シルベスター・スタローン、配給:ワーナー・ブラザーズ映画

created by Rinker
¥299 (2022/01/19 06:19:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2022/01/19 18:55:37時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す